水虫ニュース

足の消臭にも木酢液

足用消臭クリーム販売のシービック(東京都港区)が10代から30代の女性約300人を対象にアンケートを行ないました。

その結果、約9割が「足のにおいやべたつきが気になる」と答えたそうです。

そして、その対策としては、
1.ウエットティッシュでこまめに足をふく
2.会社では机の下で靴を脱ぐ
とのことでした。

足の裏は手のひらや額と同じように汗腺が集中しているため、体の中で汗をかきやすい場所です。
そして、蒸れた靴の中で細菌が繁殖し、悪臭が発生します。

このような悪臭を簡単に予防するには、木酢液や竹酢液を使うと良いでしょう。
強い酸性で抗菌作用がありますから、水虫予防にも有効です。
お湯を入れた洗面器に2〜3ccを垂らして、足を洗えば悪臭が消えます。

水虫ニュース

南米産の凶悪水虫菌が日本上陸!

この水虫菌は、白癬菌の一種で、「トリコフィトン・トンズランス」という菌です。
トンズラとか、アデランスとかと間違いそうな名前ですね。(笑)

しかし、笑い事ではありません。
この菌は、体や髪の毛にも伝染し、髪の毛に伝染すると頭髪が抜け落ちてしまうほど強力・凶悪なんです。

日本では2001年ごろから感染者が現れ始め、03年から急増したそうです。
感染者の多くは、外国人選手と皮膚が接触する機会の多いレスリングや柔道選手です。

また、この菌は、感染初期に自覚症状がほとんどないので、放置され、感染を広めるようです。
そして、トンズランス菌は感染力がきわめて強いため、感染者の家族や友人にまで急速に広がってしまうのです。

感染の予防策としては、タオルやマット、肌着をまめに洗うことです。
治療には市販の専用シャンプーや塗り薬を使いますが、症状がひどければ、早めに皮膚科を受診したほうが無難なようです。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。