水虫に木酢液 > 水虫の治療 > 水虫の治療

水虫の治療

水虫の治療

水虫は治りにくいと言われてますが、どうして?

(1)まず一つ目の原因は、人の皮膚組織の構造にあるのです。

皮膚は体外から見て、表皮、真皮、皮下組織からなります。

そして、「表皮」は、体外から見て、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層からなります。

「表皮」の中で細胞分裂によって皮膚を生成しているのは、一番中側の基底層だけです。

そして、基底層から、一番外側の角質層になるまで、4週間かかります。

また、基底層から角質層までの「表皮」が一式入れ替わる期間は、6週間といわれています。

まぁ、簡単に言ってしまうと、『足の皮が、新しい細胞になるには、1〜2ヶ月を要する』ということです。


(2)二つ目の原因は、白血球の事情です。

白血球は、人間の体内で、細菌や真菌をやっつけてくれるの正義の味方なのですが、

(真皮では活動可能ですが)「表皮」の角質層の中へは行けないのです。

そして、白癬菌は、この角質層で増殖するわけです。

ある意味、角質層は、『白癬菌の天国』ですね。


以上、まとめると・・・、

(1)細胞が生まれ変わるのに時間がかかる、表皮の角質層の病気だということ。

(2)白血球という免疫の番人が行けない場所の病気だということ。

このような事情から、水虫治療は時間がかかるわけです。

完治は、角質層が入れ替わる期間の倍以上、最低でも12週間以上必要といわれています。

しかし、適切な治療を行なえば、必ず治る病気です。

<<水虫の原因 | 水虫に木酢液トップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。